新車種メーカー 車検・点検 板金・修理 自動車保険 その他サービス 会社案内
 
「車検」とは正確には「車両検査」のことを言い、道路運送車両法で定められている「保安基準」に車が適合しているかどうかを検査することを言います。車が安全面においても、公害面においても一定の基準に達しているかを検査するためのもので、必ず定期的に受けることが義務付けられています。そのため、合格しないと道路を走ることはできません。本来は、車の所有者が自ら検査・点検を行い、陸運支局で検査を受けるものですが、自動車整備工場などで、整備なども含め代行して行うものが一般的です。
車検を安く済ませたいというお客様のために、ご予算に合わせて点検項目が選べるシステムを採用しております。
定期点検も安心価格で承ります。
詳細な価格や納期についてはE-mail又はTELでお気軽にお問い合わせください。
車検に必要なもの
1.車検証
2.現在お持ちの自賠責保険 
3.納税証明書 
4.認め印
5.法定諸費用
予約制で代車もありますのでご安心ください。
 
指定工場と認証工場は、ともに国から定められた基準(資格・整備など)を満たし、「自動車分解整備」を行うことを認められた整備工場です。技術的にはほとんど差はありませんが、両者で大きく異なる点がひとつあります。それは車検時の検査方法にあります。指定工場は別名「民間車検場」と呼ばれ、車両検査までをその工場内で行える点が大きな特色です。
【指定工場】
車検の最終検査(保安基準の検査)を陸運支局に代わって行える資格を、国から指定されています。工場内に検査ラインも有しており、車両を陸運支局に持ち込まずに車検を受けることが出来ます。(書類手続きについては陸運支局で行います。)一般に「民間車検場」と呼ばれるものは、この指定工場の別名です。
【認証工場】
点検項目の確認や必要な整備は、もちろん指定工場と同様に行えます。ただし車検時には保安基準の適合について検査するために、車両を陸運支局へ持ち込む必要があります。とはいえ、この一連の作業・手続きは認証工場側で行うことですので、利用者として特に手間がかかることはありません。
トップへ お問合せ  
喜多自動車提供: 喜多自動車HPに掲載の記事・写真および図版の無断転記を禁じます。
ご意見、お問い合せなどはinfo@car-kita.comまでどうぞ。